S銀行で表面7.5%築古重量鉄骨のダメ物件を買った大家が、6年間で現金1億を作った方法を公開します。

孫子大家

不動産投資・戦略

・孫子大家の投資スタンス

更新日:

 

リスクを抑えてリターンを上げる投資スタンス

こんにちは孫子大家です。

今回は私の投資スタンスについて記載したいと思います。

基本的なスタンスとしては、私は性格が非常に臆病であり、確率論的に勝てるか勝てないかをとてもネガティブ考える性格です。

そのため自分の考え方としては、

・ 今の企業が外資系文化の厳しい環境の会社でで、定年までサラリーマン人生を全うできない可能性が高い

・ コンサル業界という離職率の非常に高い業界のため、いつ首になるわからない

・ 日本という国の赤字の多さから、いつ金利が大幅に上がったり、そもそも国家が破綻するかもしれない

などなど色々なネガティブなことを想定した上での不動産投資を組んでおります

そのため、自分の中での投資のポイントとして、単純な規模拡大を狙った投資スタイルの方には遠回りに見える、

下記の考え方で、できるだけリスクを抑えた、純資産の拡大に力を入れています。

 

純資産重視の投資

■ 純資産が増えない中での、無理やりの規模の拡大によるメガ大家は目指さない
※ グレーな複数法人スキームのリスクはとらず、税務を考えたすべての銀行に公開した、複数法人スキームをとっています。

■ 積算評価はあくまでも、融資を引くためのものなので、不便なで必要以上に路線価が高く(=固定資産税の高い)物件を取得しない。(もちろんそれを上回るメリットがあればOK)

■ 固定で借り入れたとしても、金利暴騰の際はリスクが残るので、大きな負債を借り入れる際は、5%ほどの純金を取得する。

それでは、次回以降わたしの、リスクテイクをしながらリスクヘッジをしてハイレバレッジ戦略をとりつつも、安全性を担保する

投資の考え方をコラムにして行きたいと思います。
皆様の投資戦略の参考になれば幸いです。

 

 

ライン@にてブログでは書けない情報なども配信中

下記ライン@に登録して、スタンプを送っていただければ、ブログでは公開しない予定のマル秘ノウハウレポートをプレゼントしています!

 

友だち追加

-不動産投資・戦略

Copyright© 孫子大家 , 2019 All Rights Reserved.